ルート配送ドライバーの仕事は楽しい!?

人とコミュニケーションを取りながら働くことができる

トラックドライバーの仕事というと、一日中黙々と車を運転している姿を想像する人も多いかもしれません。しかし、ルート配送ドライバーは意外と人との繋がりが大事で、コミュニケーションを取りながら働くことができます。主にコミュニケーションを取る相手は同業者ではなく、荷物を届ける配送先の人です。コンビニ、企業に届ける時などは、良好な関係を築くためにしっかりとコミュニケーションを取らなければなりません。また、個人宅に荷物を届ける場合は、色んなお客さんの所にものを届けることになります。配送先では、「ありがとう」や「助かります」などの感謝の言葉を言われることもあります。お客さんに感謝されることがやりがいになれば、荷物を届ける仕事がとても楽しくなっていくでしょう。

一人でいる時間を満喫できる

ルート配送ドライバーは、荷物を届ける時は人と接しますが、車を運転している間は全て一人の時間です。オフィスワークなどでは、常に社内で仕事をしなければならず、人間関係の悩みというのがつきまといやすいです。しかし、ルート配送ドライバーは基本的に一人で仕事ができるので、人間関係の悩みは少な目でしょう。車の運転中は自分の好きな音楽をきいたり、ラジオをききながらリラックスしたりすることもできます。運転中は誰にも邪魔されず、一人だけの時間を楽しむことができるのもルート配送ドライバーの魅力的な部分です。車の運転が好きな人ならば、車に乗っている間はずっと楽しい時間が続くでしょう。ルート配送ドライバーはきついと言われることも多いですが、楽しめるポイントは意外とたくさんあるのです。

ルート配送の募集は、各地の大型のスーパーマーケットや運送会社などが行っており、普通自動車の運転ができる人や、最低限のコミュニケーション能力がある人なら無理なく働き始めることができます。