ルート配送ドライバーの仕事は年収が多くて稼げるってホント!?

歩合制なら多く稼げる可能性がある

ルート配送ドライバーは給料が高額なので多く稼げるというイメージがあります。これは一部のドライバーが完全歩合制で働き、その結果として多く稼いでいることが大きな理由です。ドライバーは基本的に運送会社に雇われているサラリーマンであり、会社から給料を貰って生活しています。給料の計算方法は会社によって異なりますが、現在では時間単位で基本給を支払うのが一般的です。その日に扱う荷物の量に関係無く、一定の金額を支払う仕組みになっているので、そのような会社では多く稼ぐことは困難と言えます。それに対して完全歩合制は扱う荷物の量で貰える金額が変わる仕組みです。特定の会社に属さない、フリーのドライバーに多い仕組みであり、荷物を運べば運ぶほど、金額も大きくなるのです。

給料が高い会社はそれ相応のリスクもある

ルート配送の仕事は似たような内容でも会社によって給料が大きく変わるのは決して珍しいことではありません。これは給料から車両管理や事故の際の補償といった名目で引かれる金額が関係しています。給料の金額が多くても、燃料代や自動車保険の掛け金はドライバーが負担するという会社が存在するので、求人広告の内容は十分に確認しなければいけません。また、預かった荷物の管理責任は基本的には運送会社にありますが、会社によっては荷物を扱うドライバー個人に責任を負わせる所もあるのです。そのような所ではドライバーが負担する金額も大きくなるのは必然なので、いくら高い給料を貰っても手元に残るお金は多くありません。ドライバーとして長く働くには給料の内訳や金銭の負担について正しく理解する必要があります。

ルート配送の転職の際は、運転技術や経験年数だけでなく、協調性や人当たりの良さなどが重視されることもあります。