ルート配送ドライバーはどんな業種があるのか?

大量消費する小売業は、ルート配送の代表的業種!

現時点でルート配送ドライバーの仕事を探している方もいるかもしれません。一口にルート配送といっても、幅広く様々な職種があります。そもそもルート配送とは、あらかじめ決められた固定客や取引先へ、巡回形式で定期的に荷物を届けることであり、どんな職種であっても事業形態や経営戦略によっては、ルート配送を必要とすることになります。 このためルート配送の仕事内容についても、いつも指定された荷物を特定の送り先へ、あらかじめ決められた道順で納品するという点では、どんな職種であっても基本的に同じと考えてよいでしょう。例えば、コンビニやスーパーといった小売業のルート配送ドライバーであれば、食品や日用品は消費ペースも速いため、短いサイクルで頻繁に、特定の店舗へ供給し続けなければなりません。

日常では見えない様々な分野で、ルート配送ドライバーが大活躍!

およそどのような製造業であっても、工場や製作所等で必要になる原材料を調達しなければなりません。例えば、洗剤を製造するメーカーであれば、化学薬品などを定期的に工場へ供給する必要があります。また食品の製造メーカーでも、肉や調味料といった食材を工場へ供給することになります。このような工場へあらかじめ決められた日時に、多種多様な原材料を大量に輸送するのも、ルート配送ドライバーの仕事です。

もちろん製造業以外にも、ルート配送ドライバーの仕事は沢山あります。ハガキや郵便小包などが集まる集配局では、大型トレーラーによって、郵便局の間を定時輸送します。また民間の宅配業者であっても、広域の荷物を扱えば、物流倉庫の間を定期的に往復輸送することになります。このように一般の方が日常生活で目にふれない分野でも、ルート配送ドライバーが活躍しています。